低用量ピルにも種類がある | 生理の悩みにも避妊にも使える低用量ピルを備えておこう

低用量ピルにも種類がある

グラスに入った水

避妊から生理の悩みの解消まで、女性が抱える様々な悩みを解消してくれる低用量ピル。
ピルにはいろいろな種類があり、低用量ピルはその中の一つだというのは皆さんも知っていると思いますが、実は低用量ピルの中にも種類があります。
自分に合ったピルで避妊や生理の悩みを解消するためにも、低用量ピルにはどのような種類があるのか、きちんと覚えておくことをオススメします。

低用量ピルは先ほども説明したように、黄体ホルモンと卵胞ホルモン、二つのホルモンで作られています。
低用量ピルの種類はこの二つのホルモンが入っている比率で分けることができ、1相性ピル、2相性ピル、3相性ピルというように分けられます。
これは低用量ピルについて調べていると高確率で目にする種類なので、インターネットでピルについて調べているときに目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
黄体ホルモンと卵胞ホルモンが錠剤に一定の比率で入っているのが1相性ピルで、全ての錠剤に同じ比率でホルモンが含まれています。
これに対し、2相性ピルや3相性ピルは生理周期による女性ホルモンの変化に合わせて、ホルモン量や比率を変化させて作られています。
2段階に変化しているのなら2相性ピル、3段階に分かれているのなら3相性ピルというように呼ばれ、前半と後半でホルモンの量を変えることができます。
これにより、自然なホルモン分泌に近い増減ができ、より身体に優しい低用量ピルだと表現することができるのです。

低用量ピルを服用するんだったら、身体に優しいものから始めたい!と考えている人は、まずは段階型ピルから試してみるといいかもしれませんね。